7自治体による
資源循環型広域処理システムを
実現します

第2期君津地域広域廃棄物
処理事業とは

 君津地域4市(木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市)が現在実施している君津地域広域廃棄物処理事業は、令和8年度末に事業終了を迎えます。第2期君津地域広域廃棄物処理事業は、君津地域4市に安房地域2市1町(鴨川市、南房総市、鋸南町)を加えた7自治体により、新たに広域廃棄物処理システムを構築する事業です。
 本事業では特別目的会社「株式会社上総安房クリーンシステム」を設置し、同社が廃棄物処理施設の建設、施設の運営・維持管理等、廃棄物の中間処理業務を実施します。

第2期君津地域広域廃棄物処理事業 スケジュール

会社概要

(株)上総安房クリーンシステムは、第2期君津地域広域廃棄物処理事業の実施を目的とする特別目的会社です。

商号株式会社上総安房クリーンシステム
設立時期令和2年(2020年)6月
出資者(※)日鉄エンジニアリング株式会社、鹿島建設株式会社、株式会社広築、株式会社市川環境エンジニアリング
※令和2年9月現在(7自治体が令和2年度中を目途に出資する予定)

株式会社上総安房クリーンシステムの業務範囲

施設概要

所在地千葉県富津市新富21-3
施設構成工場棟、計量棟、管理棟、スラグストックヤード棟
処理方式シャフト炉式ガス化溶融方式
施設規模477t/⽇(159t/⽇×3炉)
発電能力11,880kW
完成予想図

環境アセスメント
環境影響評価

環境影響評価(環境アセスメント)とは、事業で生じる環境への影響を事前に調査、予測、評価して、環境保全への取り組みを行う手続きです。地元自治体や千葉県、地元住民の方々と協議しながら進めます。

スケジュール

令和2年(2020年)10月~令和3(2021年)年3月
方法書の作成・検討(※)
令和2年(2020年)10月~令和4(2022年)年3月頃
現況調査・分析
令和4年(2022年)4月~令和5(2023年)年3月
準備書・評価書の作成・評価(※)

※対象地域住民の皆様向けに、住民説明会・縦覧を実施予定です。詳細は本ホームページ等でお知らせします。

環境アセスメントについての詳細

お知らせ・情報公開

お知らせ・情報公開一覧へ